開発協力

対セルビア草の根・人間の安全保障無償資金協力 「スメデレボ市デスポト・ジュラジャ繊維技術農業専門学校機材整備計画」 引渡式

2017年10月17日、セルビア東部のスメデレボ市において、草の根・人間の安全保障無償資金協力「スメデレボ市デスポト・ジュラジャ繊維技術農業専門学校機材整備計画」(支援額72,848ユーロ)の引渡式が行われました。

式典には、セルビア側から、ブラゴイェビッチ教育・科学・技術開発省特別顧問、スパソイェビッチ・スメデレボ市議会議長、ビトロビッチ・スメデレボ市デスポト・ジュラジャ繊維技術農業専門学校長、日本側から、須賀公使が出席しました。

スメデレボ市は、セルビアを横断する大河ドナウ川沿いに位置し、主要産業が製鉄業である人口約11万人の自治体です。

このプロジェクトは、地域の職業教育の環境向上を目的として、トラクター2台、発酵オーブン1台、業務用ミキサー1台、印刷機1台及び顕微鏡2台を供与したものです。

同校は、開校から四半世紀が経過し、開校当初整備した実習機材が老朽化したことで、十分な実習ができない状態となっていました。

このプロジェクトにより、生徒は、より実践的な実習ができるようになり、職業訓練で培った技術を活かして、卒業後、セルビアの発展のために活躍することが期待されます。

写真